一ファンが考えるWITHコロナのエンタメ

地方在住ですが,2019年は巨人戦4試合(巨人ファンです),ライブは4回行った者です。2020年は行く予定だったライブが5公演中止になりました。最近は,新型コロナウイルスからのエンタメ界の復興をテーマに,ライブやプロ野球観戦が好きな者としての意見を発信しています。

イベント自粛要請から1年

  令和2年2月26日に新型コロナウイルス感染拡大に伴うイベントの自粛要請が出されてから1年となりました。

  この自粛要請が出されて以降,イベント開催の可否の判断が主催者に委ねられるようになった令和2年3月20日から,4月7日に緊急事態宣言が発出されるまでの一部の時期を除き,観客を満員まで入れて行われるライブは,現在までほぼ行われておりません。

まずは,この間にあったことを振り返っていこうと思います。

 令和2年2月26日の自粛要請が出たその日から,音楽イベントを含む多くのイベントが中止や延期を余儀なくされました。この時から,YouTube等で配信ライブを行うアーティストが現れました。この時に示されていた自粛要請の期間は2週間。しかし,その後更に2週間程延長されました。

 3月中旬から,グッズ販売を行うライブハウスが少しずつ出始めました。

 GW辺りから行われるようになったのは,YouTube等での過去のライブの映像の配信です。特にGWには,多くのアーティストのライブ映像を楽しめるようになっていました。

 また,トークの生配信等を行い,ファンとの交流を行うアーティストも多くいました。

 5月下旬に緊急事態宣言が解除されて以降,少しずつ有料無観客配信ライブを行うアーティストが出始めました。また,それに合わせて,配信のためのプラットフォームも急速に整備されました。

 6月11日には,収入が減ったエンタメ事業者や専門スタッフを支援する基金,Music Cross Aidが創設されました。

 6月13日には,ライブハウスの感染対策のガイドラインが策定され,感染対策の下,6月19日の緩和に合わせて,少しずつライブが再開されていきました。しかし,観客を満員まで入れる状況では無いため,既に満員分のチケットを販売しているライブを中心に,中止や延期,無観客で配信のみの開催となるライブも多くありました。また,感染対策をしながら新たに企画されたライブでも,感染状況の悪化に合わせて,中止や延期,無観客の配信に変更となることもありました。

 夏から秋にかけて,多くの有名なアーティストが,無観客配信ライブを行ったり,感染対策の許す範囲内で観客を入れ,同時に配信も行うスタイルでのライブも行うようになってきました。動員人数の制限も緩和されていき,大規模な会場でも,収容人数の半分以内まで観客を入れることが出来るようになりました。

 しかし,12月末にかけて,新規陽性者数が増加傾向となり,COUNT DOWN JAPANなど,中止になった年末のライブイベントもあったほか,無観客配信のみに切り替えるライブも出てきました。

 そして,2度目の緊急事態宣言が発出されました。しかし,この緊急事態宣言では,イベントそのものの自粛要請は出されませんでした。感染対策を行ったうえでのライブイベントで感染者は確認されておらず,これが評価された形であると言えます。しかし,夜8時以降は徹底的に外出自粛が求められるようになり,それに合わせて,終了を夜8時までに時間変更をするライブが出てきたり,中止になったり,配信のみに切り替えたりするライブも出てきました。

 

音楽のこれから

 今回の騒動によって,ライブを配信する環境が急速に整備されたのは,地方在住者にとっては特に好ましいことです。遠方のライブに高い交通費や宿泊費を使って行かなくても,自宅で楽しめるようになりました。勿論,遠方であろうと,現地に行くという選択肢があるに越したことはありません。しかし,コロナが収束したとしても,この配信のプラットフォームは残してほしいと思っています。その一方で,配信ライブを行うには配信用の設備等に費用が掛かり,黒字化させることは難しいと言います。そのため,海外の人にも視聴してもらうためのプラットフォーム整備と,海外へのプロモーションの他,低費用で配信が出来るプラットフォームの整備が求められていると考えます。

 また,以前のブログでも話したことですが,音楽業界は,ライブだけでは無い,多様な収入源を作る必要があると考えます。アーティストの特性に応じて収入を獲得し,今回ライブが出来なくなった時のように,何か1つが駄目になっても,別の方法で収入を獲得できる仕組みを作っていくことが,何があっても音楽ビジネスを続けていくことに繋がると考えています。

 

 現在,医療従事者の方々を対象に,新型コロナウイルスのワクチンの優先接種が進められています。このワクチンですが,効果がどれくらい持続するのか,まだ分かっていません。仮に,効果が数年単位で持続するワクチンがあった場合,これを多くの方々に接種することで,新型コロナウイルスは収束するはずです。しかし,効果が半年程度しか持続しないワクチンしか無い場合,収束は現実的なものでは無くなります。人々の行動変容による感染の抑制に限界があるのは,これまでの経緯を考えても明らかです。そのため,新型コロナウイルスが永遠に存在し続けることを前提として,方針を考えていくべきだと思います。この前提で考えたことは,新型コロナウイルスが収束したとしても,生かされるはずです。

 

 この自粛要請以降,このブログで私自身の考えを発信してきましたが,ただの1音楽ファンである私が考えを発信したところで,何も変わりません。これからの音楽業界のために何が出来るのか,考え,実践していこうと思います。

 

 最後になりますが,「感染対策をした上で行っているライブでは,感染者は確認されておらず,クラスターも発生していない」これだけは,イベントに行かない方々にも,知っていてほしいと思います。

CDJ1920について書いてみた

昨年の12月30日、CDJ1920に行ってきたので、

その時のことを書いてみます

 

まずは12月29日、

千葉県市原市にとっていたホテルに向かいました。

帰省ラッシュとは反対方向ですが、新幹線はやはり混雑気味

東京駅からは総武快速線で千葉駅へ。

もうすぐ廃止される車両なので、

このCDJの往復が最後になることを感じて乗っていました

千葉駅からは内房線五井駅

五井駅近くのホテルに泊まりました

 

その日の夜はあまり眠れず、30日

内房線京葉線を乗り継いで海浜幕張駅

海浜幕張駅から幕張メッセに行くと、既に多くの人が並んでいました。

でも、屋内で並べたのは幸いでした
f:id:musangfan:20201229073226j:image


f:id:musangfan:20201229073304j:image

予定よりもかなり早く入場開始

グッズを購入しました。

しかし、飲食ブースとステージにはまだ入れないようでした。

休憩スペースには入れたので、

そこで一息つきました


f:id:musangfan:20201229073735j:image

f:id:musangfan:20201229073719j:image

開場時間になると飲食ブースとステージに入れるようになりました

まずは昼食としてフェス飯のカツサンドを食べました

その後はコスモステージへ。

 

はじめのアーティストはネクライトーキー!

セットリストは

1.こんがらがった!

2.ぽんぽこ節

3.だけじゃないBABY

4.夢見るドブネズミ

5.許せ!服部

6.オシャレ大作戦

7.遠吠えのサンセット

(Jフェス公式アプリより引用。以下同じ)

リハーサルから気合十分、

盛り上がり、楽しいステージになりました。

 

次はアースステージに移動しSUPER BEAVER

セットリストは

1.27

2.閃光

3.青い春

4.irony

5.正攻法

6.秘密

7.予感

8.ありがとう

4万人入るアースステージの1人1人圧巻のステージ

「秘密」と「予感」では号泣しました。

 

その後は休憩し、

次は同じくアースステージでKANA-BOON

セットリストは

1.シルエット

2.聖者必衰の理、お断り

3.彷徨う日々ファンファーレ

4.結晶星

5.スノーグローブ

6.ないものねだり

7.フルドライブ

8.バトンロード

9.まっさら

直前でトイレに行きたくなり、序盤は見逃してしまいましたが、

アースステージ満杯の人々と一緒に盛り上がりました。

 

次も同じくアースステージでスキマスイッチ

セットリストは

1.ユリーカ

2.青春

3.星のうつわ

4.ガラナ

5.Ah Yeah!

6.全力少年

7.奏

個人的に一番目当てのアーティストでした。

最近の曲が多めで、もう少し予習してくれば良かったなと思う反面、

初めて聞くような曲も良かったです。

最後、急遽追加で歌ってくれた奏のイントロが流れた時の盛り上がりも忘れられません。

 

その後はフェス飯でソーキそばを食べ、

疲労もあり、市原市のホテルに向かいました。

 

31日、

まずは内房線総武快速線を乗り継いで東京駅へ

総武快速線ではグリーン車に座り、

スカイツリーなどを見ながら過ごしました。

東京駅は帰省ラッシュでかなりの混雑

その中でお土産を買い、

新幹線で帰りました。

 

このCDJ1920で楽しませてくれたアーティストの方々の曲を、

1年通して楽しみました。

 

配信ライブは,

ネクライトーキーさんのものは4回(内1回はYouTubeの無料配信)

SUPER BEAVERさんのものは4回(内1回は中止になったライブの振替,内1回はYouTubeの無料配信)

KANA-BOONさんのものは2回(内1回はYouTubeの無料配信)

スキマスイッチさんのものも2回(内1回はYouTubeの無料配信)

合計12回見ました。

 

緊急事態宣言が出されていた時は,

毎週土曜日にSUPER BEAVERさんの配信(自宅のラクダ)を見るのが楽しみでした。

 

 以前このブログでJ-popはもっと海外に進出すべきという話をしましたが,

これはネクライトーキーさんのYouTubeの動画の再生回数が伸び,英語でのコメントが多くされたことがきっかけで考えたことでした。

 

僕にとって,CDJ1920は,多くのアーティストを知ることが出来た最高の時間でした。

 

今回は残念ながら中止ですが、CDJ2122こそ、開催される事を祈っています。

O-EASTのライブを配信で見て思ったこと

12月16日にO-EASTで行われたネクライトーキーさんのライブを配信で見ました。

 

その配信の観客席を見て,「観客入れすぎ」と思わざるを得ませんでした。

 

僕は,「2mのソーシャルディスタンス」と「マスク着用」はどちらかを行えばOKと考えています。

 

マスクをきちんと着用すれば,飛沫の飛ぶ量が少なくなります。また,もともとソーシャルディスタンスは,マスクをする文化の無い国で言われていたことです。

 

しかし,人と人同士が接触すると,接触感染のリスクが生じるため,人と人同士が接触しない程度の距離を確保する必要はあるというのが,僕の考えです。

 

しかし,ネクライトーキーさんのライブでは,観客席は1階の前方しかほぼ映りませんでしたが,席同士の間隔が無いように見えました。手の動きは許可されているため,これでは接触感染のリスクはあると思いました。

 

観客を多く入れて感染対策を検証する実証実験等であれば話は別ですが,

そうでないのであれば,椅子同士の間隔を,せめて椅子半個分開けることは,必要だったのでは無いかと思います。

 

勿論,それではライブを行っても赤字は覚悟しないといけないでしょう。しかし,ネクライトーキーさんには海外にもファンがいて,YouTubeのPVのコメント欄には英語のコメントも多くあります。海外にも発信出来るプラットフォームで配信を行えば,配信の視聴者をより増やすことが出来たと思います。

無観客配信ライブの良い例

無観客配信ライブの良い例として,他の歌手の方々に参考にしていただきたいと思う例がYouTubeに挙がりましたので,紹介します。

 

FUNKY MONKEY BABYSファンキー加藤さんが行った配信ライブです。


2020.10.26 FUNKY KATO ONLINE LIVE「SUPER ONEMAN LIVE “F"」DIGEST<For JLODlive>

 

この配信ライブは野球場で収録されました。

FUNKY MONKEY BABYSというと,2013年の日本シリーズで当時楽天の田中投手がマウンドに上がる際に,「あとひとつ」の合唱が起こるなど,野球を思い浮かべる方も多いと思います。

その彼の世界観にマッチしている野球場でライブを行ったほか,野球のプレーヤーが登場したり,加藤さんの実の御兄弟とキャッチボールをしながら歌唱したりと,演出にも野球がふんだんに活用されました。

 

加藤さんの世界観がふんだんに表現された配信ライブとなりました。

 

無観客で配信ライブを行う利点として,観客席が必要無いことが挙げられるため,例えば,青春をテーマにした楽曲を多く歌唱している歌手の方は学校で行うなど,場所の縛りが無い分,より歌手の世界観を表現できる可能性があると思います。

 

一ファンが考えるWITHコロナの音楽ビジネス

【はじめに】

新型コロナウイルスの感染拡大により,ライブが出来なくなり,音楽界には大変な思いをされている方がたくさんいらっしゃいます。

新型コロナウイルスが収束すればと思われている方は沢山いらっしゃると思いますが,それはワクチンや治療法が普及しないと現実的には難しい話であると思われます。すぐにこのような状況になるとは考えにくく,新型コロナウイルスが存在し続ける中でどのように音楽ビジネスを継続させていくかは大きな課題になると言えます。

また,以前には新型インフルエンザが発生したり,コロナウイルスの仲間でも,日本では大きな感染拡大には至らなかったものの,SARSやMARSが発生するなど,新型ウイルスが発生することがありました。将来的にまた同じような新型ウイルスの感染拡大と,それに伴うイベント自粛や外出自粛の動きは生じるリスクはあり,現在のライブ依存のような状態が続くと,新型コロナウイルスが収束したとしても,また別の新型ウイルスが発生した際に,現在や2月下旬から6月までと同じような危機に陥ることも十分考えられます。

そこで,年に何度かライブに行く者として,今後音楽ビジネスがどうあるべきか考えてみました。

私自身は音楽とは全く関係の無い仕事をしている者であり,音楽界の現実や現状と違うことを述べるかもしれませんが,一ファンの意見として,ご了承いただければと思います。

 

【WITHコロナのライブ】

まずはライブについてです。

2月や3月にライブハウスでクラスターが発生しましたが,感染対策の徹底もあり,それ以降はクラスターと認定された公演はありません。また,ホールやアリーナ,ドームクラスのライブでは,一度もクラスターと認定された公演はありません。

現在,ライブではマスクやフェイスシールドの着用や消毒・検温・観客同士やステージと客席間の距離の確保,大声の禁止などの感染対策を行ったうえで実施されています。このような感染対策を行えば,発熱があり感染している可能性がある観客は検温でシャットアウト出来るうえ,無症状の感染者が来たとしても,その人が他の人に移すリスクは低いと考えます。よって,現在の状況ではライブでクラスターが発生するリスクは低いと考えられ,感染対策の上ではライブは実施可能だと考えます。

しかし,ライブは満員まで観客を入れて,そのチケット代でようやく元を取れるくらいのビジネスであり,感染対策をして定員を会場のキャパより抑えてライブを行っても,赤字となるのが実情です。

そのため,現在の状況でもライブで収益をあげるために,チケット代の値上げや,前方の席をVIP席として,特典を付けたうえでチケット代を高くする,スポンサーを確保し,スポーツイベントのように,スポンサー料でも収益を確保する,生配信も同時に行うなどのことが必要だと考えます。

このように,ライブで収益をあげることが出来れば,ライブに携わるスタッフの方々も,ライブの仕事を続けることが出来ます。また,ライブハウスなどのライブ会場も存続し続けることが出来ます。

今の雇用を確保したうえで,私たちが良い音楽を聴き続けることが出来ること,これが一番の理想だと思います。

また,WITHコロナでライブを存続させるために必要なこととして必要なこととして,ライブにあまり行かない人にもライブで行われている感染対策をアピールして,感染対策をしたライブは安全なんだと思ってもらうことが挙げられます。ライブに行こうと思っても,職場の人や家族に止められた人は少なく無いことが推測されます。そのような人を少なくするためにも,テレビCMなどでライブで行われている感染対策をアピールするなど,ライブに行かない人にも今のライブは安全だというイメージを持ってもらうことが必要だと考えます。そのためには,クラウドファンディングで音楽ファンからお金を募って,ライブでの感染対策をアピールするテレビCMを作り,テレビで流してもらうなどの方法が考えられます。

ただ,行ったライブに無症状でも感染者が来ていたことが判明しただけで,たとえ,その感染者が他の人に移していなかったとしても,様々な影響を受ける方々も多いと思います。そのため,いくら感染対策を行ったとしても,ライブに行くことに抵抗を覚える方が多くなるのは現実だと思います。

 

【多様な稼ぐ手段を】

WITHコロナでは,ライブに依存しないビジネス形態を構築することが必要であると考えます。

様々な稼ぐ手段があることで,そのうち1つが駄目になっても,ミュージシャンは他の事業で得られる収益で音楽を続けることが出来ると思います。

例えば,コロナ渦でよく行われていることとして,オンラインライブが挙げられます。観客を入れて行うライブよりも自由な環境下で,それぞれの個性を発揮して行うことで、オンラインライブの価値を高めることが出来ると考えます。

その他にも,ファンクラブの充実も有効だと考えます。例えば,映像コンテンツを充実させたり,トーク生配信を行うなどすれば,それだけでもファンクラブの価値を高めることが出来ます。

そうすれば,ファンクラブの会費を高くすることも出来ると思います。勿論,現在と同じ特典,同じ会費のままのプランを残しながら,新プランとして行うことも出来ます。

また,これはファンやアーティストによって賛否が分かれると思いますが,会員1人のためだけのライブを行うなどの特典がついた,数十万円かから数百万円単位の高額な限定プランを作ることも選択肢に入ると思います。これを小規模なライブハウスで行えば,ライブハウスの存続にも繋がります。

 

【J-POPよもっと海外に】

日本の音楽市場はもう成熟しているという意見がありますが,私はまだ伸びしろはあると考えています。J-POPは海外ではアニメの主題歌などの一部を除き,ほとんど海外で聞かれていないからです。

確かに,日本の歌手が海外のファンから収益を挙げるのは,以前は難しいことでした。ライブを行うとしても,渡航費が掛かる海外で黒字化させることは至難の業です。ですので,日本でトップクラスの歌手を除き,海外でのライブを行うJ-POPアーティストはほとんどいませんでした。

その一方で,国際的に普及している音楽の定額ストリーミングサービスやYouTubeなどで,海外の方々がJ-POPと出会い,聴くことは容易になってきています。しかし,日本の歌手の方々は,海外進出の観点では,このようなプラットホームを活かしきれて無いのが実情だと思います。

そのため,J-POPの音楽を海外の方々へ発信することで,J-POPのファンを増やすことは可能だと考えます。

例えば,海外の方々向けのSNSアカウントを作り,英語や中国語などで発信したり,YouTubeにあるPVのコメント欄に英語や中国語などの説明をつけるだけでも,行う価値はあると思います。

言葉の壁などの課題はありますが,日本で人気がトップクラスとは言えない歌手の中でも,YouTubeのPVに多くの英語のコメントが寄せられる歌手もあり,その点から,J-POPの歌手の方々が海外のファンを獲得できる可能性は感じられます。

では,そういったファンからどう収益を獲得するのか。その方法として,オンラインライブを海外にも発信することが挙げられます。

K-POPを例にとってみると,BTSが国際的にオンラインライブを行った結果,99万人が視聴したといいます。確かに,BTSは世界中でトップクラスの人気を誇るグループのため,ここまでの視聴者を獲得するのは,いくら国際的にオンラインライブを行ったとしてもなかなか難しいことではあります。しかし,1国だけにオンラインライブを発信して,ここまでの視聴者を獲得するのは,どんなに人気なアーティストでも難しいことだと思いますし,国際的にオンラインライブを行うことで,多くの視聴者を獲得できる良い例であると言えると思います。

実際,日本から海外にオンラインライブを発信するプラットフォームはあります。これを十分に生かさない手は無いです。

 

【最後に】

「コロナさえ終わってくれれば,元通りの生活に戻れるのに」

音楽に限らず,こう思っている方々は多いと思います。しかし,これから音楽業界が目指すべきなのは,本当に「元通り」なのでしょうか。はじめに話した通り,元通りになったら,また別のウイルスの感染が拡大した際に,また同じような危機に陥るだけです。これからも音楽が鳴り続けられるように,今こそ,音楽業界は大きく変わるべき時なのだと思います。

 

 

 

プロ野球の観客のクラスター0!

今日で,日本シリーズ終戦から2週間が経ちました。

これまで,プロ野球の観客のクラスターの報告はありません。

開幕時は無観客だったものの,

上限5千人,定員の半分など,定員の上限を増やしていき,

定員の半分以上の観客を入れる感染対策の実証実験も行われました。

 

ライブで万が一クラスターが起きた場合,

批判はそのライブで演奏・歌唱した出演者に集中します。

一方,スポーツ公演において万が一クラスターが発生した場合,

特定の一人に批判が集中するとは考えにくいです。

 

ですので,プロ野球を含むスポーツは,

規制の緩和や感染対策の実証実験を行いやすいと言えます。

 

この一年,エンタメ・イベントの復活をリードしたプロ野球の功績は大きいと思います。

 

メディア等は,この事実をもっと大きく報道してほしいと思います。

ライブの感染対策に関する考え

現在,ライブには様々な制限が掛かっています。

実際,ライブハウスでは,2月から3月にかけて合計4件のクラスターが発生しています。

その点から,ライブで感染が広がるのではないかという考えを持つ方々も多くいらっしゃると思います。

実際,クラスターが発生しやすい環境として「密閉」「密集」「密接」の3つが当てはまる環境,俗に言う「3密」が挙げられています。満員のライブハウスはこの「3密」に当てはまると考えます。

では,何故3密の環境下でクラスターが発生しやすいのでしょうか。私は医学や感染症のプロでは無い素人ですが,そんな私でも,「飛沫感染」,「空気感染」,「接触感染」のうち,3密の環境で懸念すべきものは「飛沫感染」や「空気感染」であることは考えることが出来ます。

しかし,感染者がマスクをきちんと着用すれば,飛沫が飛ばないため,「飛沫感染」や「空気感染」のリスクはグンと減らすことが出来ると考えます。後は,不特定多数が触る部分の消毒を行い,「接触感染」対策を行えば,ライブでのクラスター発生のリスクは大幅に減らすことが出来ます。

マスクの着用と消毒の徹底さえ行えば,観客同士が接触しない状況下では,ライブは可能だと考えます。